CAPTCHA


CAPTCHA


=======

※前編は、こちらのリンクよりご覧ください。

TRIP F:アラサー男子2人で釣りCAMP!「富山湾」【前編】

=======

さぁ、釣りキャンプ2日目の朝

今日もいい天気だ。気持ちいい。

深呼吸。起きてテントから出てはじめに吸う空気はとても美味しい。

テーブル周りが多少散らかっているのは、男同士だから、ということでご容赦いただきたい。

 

風呂行こう

この後掃除をして、お風呂に行くことに。

なんと400円で入れる銭湯がこの浜黒崎キャンプ場からほど近いところにある。「極楽の湯」さんである。

大浴場に露天風呂もあって、スッキリ。そして、お風呂上がりには、これをクイっと一気である。

 

さぁ、今日は釣るぞ

お風呂にも入ってスッキリしたところで、朝食も摂っていなかったため、お腹が空いてきた。どうしても富山の美味しいお魚、そして大好きなお寿司が食べたくなり、回転寿司屋さんへ向かうことに。その後僕らは、釣りをし、釣った魚を食べる予定なのだが。しかし、この回転寿司屋さんで僕らは富山のすごさを思い知ることに。

=======

※絶品回転寿司の模様は、こちらのリンクよりご覧ください。

GOURMET F:富山湾の魚の豊かさを回転寿司で知った / 富山「氷見 きときと寿司 飯野店」

=======

お腹いっぱいになったところで、神通川の河口から少し西に位置する四方漁港を訪れた。海水の透明度が高く、ついつい魚がいないか目視確認してしまいたくなる。ここも足場が良く、家族連れやカップルで訪れる釣り人もいた。少し羨望の眼差しで見つめる。 クサフグを発見。カワイイ。 防波堤には、おびただしい数の水鳥が。皆、魚を狙っているのだろうか。鳥好きにもたまらないポイントである。

そうやってボケーっと鳥を眺めていたら、友人が走って僕の元にやってきた。何かを釣ったみたいだ。

お!アイナメじゃないか!アオイソメにアタックしてきたらしい。サイズは大きくないが、これは嬉しい! 二人で喜びを分かち合う。 僕はベラを釣った。サイズは大きくないのでリリース。ただ、この後、なかなか魚が釣れず。

 

ポイントを移動

僕らの常宿である浜黒崎キャンプ場近くの水橋フィッシャリーナに移動。停めたクルマの目の前で釣りができて、足場もとてもよく、有難いポイントである。

 

もうすっかり夕暮れ時。美しい夕焼けについ息を飲みながら、釣りを再開。

ここでも大きい魚は釣れなかったのだが、実はある小さい魚の釣り方を隣の方々に倣って試したところ、晩ご飯の主役級のおかずをゲットできた。写真にないのが残念である。

 

さぁ、BBQだ。

なかなか釣れなかったため、ここで釣りは終了。またキャンプ場までの帰り道にスーパーマーケットで食材を買い込む。

そして、キャンプ場に戻って、夕食の準備。今日は最後の夜。豪勢にいきたいところ。

男2人。盛り付けなんてこだわらない。今夜もとにかく豪快かつシンプルに料理する。

 

ここからは、男のBBQメニューを一挙にお届け。

小さい主役級のオカズとは、稚鮎である。群れに向かって、小さいサビキに集魚ブレードをつけた仕掛けを投げ、しゃくるだけで釣れる。この稚鮎を唐揚げに。シンプルに塩で食す。小さいながらも味は鮎。これは旨い。ビールが進む。 そして釣ったアイナメ。今まで色んな白身の魚を釣ったが、これは1番かもしれない。旨い、旨すぎる。男2人で、有難みを感じながら、チビチビとゆっくり味わって食べた。 さぁ、BBQ。ごっつい1枚サーロイン肉を豪快に焼く! 食べる直前に切る。 今夜もサンチェの葉と自家製もやしナムル。肉と合わせて食べると旨い。 ニンニクはオイル焼き。ピーマンは皮面にオリーブオイルを塗って焼く。 プルコギ風のバラ肉もジョイン。安くて旨い。ビールが進む、進む。最後にシイタケ。柄の部分は切らずに、そのまま傘の部分から焼くことでじわーっと水分が出てきてジューシーに焼きあがる。これはBBQでしかできない。旨い。

 

旨いBBQにビールとハイボールが進んで、充実した男の宴となった。この後、焚き火台を使ってキャンプファイヤーも行い、この旅を振り返ったり、過去の思い出話に浸る。

日常を忘れ、本当に贅沢な時である。

 

そのまま眠くなり、テントで就寝。

 

最後の朝。テントを片付け、帰る準備。

3日目の朝を迎えた。今日は少しどんよりした空で、風が強い。

僕らは、日の出の時間には起床し、どうしても行きたかった釣り場にサゴシ(サワラの小さいサイズ)を狙いに行った。しかし、富山の海が僕らに味方してくれることはなかった。

10時にはチェックアウトする必要があったため、8時にはキャンプ場に戻り、二人で手分けして、テント、寝袋、タープ、テーブルを畳み、クルマに詰め込む。さらに分別したゴミ袋を指定の場所まで捨てに行く。

 

旅の最後は、地元の絶品グルメで。

チェックアウト後には、前日にも訪れた銭湯に再訪。カラダをスッキリさせたところで、帰る前に、あるものを食べに行くことに。富山にきたら、必ず食べておきたいあるものだ。

 

=======

※絶品グルメの模様は、こちらのリンクよりご覧ください。

GOURMET F:熱い。だから美味い。もつ煮込みうどん / 富山「糸庄」

=======

これでこの旅の全行程が終了。もっと釣りたかったけど、美しい景色に、キレイな空気。旨い飯。十分にリフレッシュできた。また明日から頑張ろうと思える、エナジーチャージできた旅であった。

 

「次は秋ですかねー」

 

なんて軽く次回の約束をして、富山駅で友人と別れる。

 

次回はどこに行こうか。

「また富山も良いな」

と思ってしまう自分が、ホームで帰りの新幹線の到着を待っている。